サイトについて病院内の人間関係は様々な問題を抱えています。本サイトの管理人はその問題の解決の一助となり、より適切な医療環境の実現を目指して本サイトの運営を行っています。何かご連絡がある際はhospital_arekore☆yahoo.co.jp(☆→@)までご連絡願います。病院内の人間関係は様々な問題を抱えています。本サイトの管理人はその問題の解決の一助となり、より適切な医療環境の実現を目指して本サイトの運営を行っています。何かご連絡がある際はhospital_arekore☆yahoo.co.jp(☆→@)までご連絡願います。

はじめての選択理論
介護士のための人間関係構築法

介護士のための人間関係構築法

介護士が病院で勤務をする場合、人間関係の構築に少し悩むかもしれません。介護施設での勤務であれば、介護士が業務の中心にいますので周囲に遠慮をする必要がありません。しかし、病院では看護師や介護福祉士との連携が求められるので人間関係構築の努力が求められます。看護師とは上下関係が生じてしまいやりづらく感じるかもしれませんが、患者のためにプロ意識を持ち相手のことをよく観察し理解して相手に合わせるコミュニケーションをとりながら人間関係を築いていくと良いでしょう。

介護施設勤務との違い

介護施設勤務との違い

介護士のキャリアには、介護施設で働くという選択肢の他に病院で働くというものがあります。この場合介護施設よりも給与などの条件が良いことが多いのでお勧めです。ただしその場合、介護施設のように介護士が主役というわけではなく、看護師や介護福祉士など他の専門家と協力体制をきちんと築かなければなりません。また働く場所が介護施設ではなく病院ですので、介護対象者となる患者の健康管理に関しては医師や看護師と情報共有を頻繁に行って積極的に取り組みましょう。

詳しく見る
プロ意識を持って看護師と連携を

プロ意識を持って看護師と連携を

介護士は看護師より下の立場というような認識を持っている人も多くいます。実際、病院での介護士の仕事は看護師の指揮下にある場合が多いので、どうしても上下関係を感じてしまいストレスを抱えてしまう病院勤務の介護士の方もいらっしゃいます。しかし本来、介護士と看護師どちらが上か下かというのはありません。ともに患者の健康を支えるための仲間であり、その視点でプロ意識を持って積極的に仕事に取り組むことで信頼関係が築けます。

詳しく見る
相手に合わせることがポイント

相手に合わせることがポイント

これは介護士に限りませんが、相手と信頼関係を築くには相手に合わせることが大切です。特に相手の感じていることやその感じ方に合わせることは有効であり、人は共感を示している人に対して信頼感を感じやすいということを理解しましょう。また相手の発言を復唱したり、要約して言い返すなども理解を確実なものにする意味でもとても有効です。また、その時々の場のリズムを察知して、忙しい時はキビキビと動き、全体的に落ち着いたムードの時はそれに合わせるなども大切です。

詳しく見る
いじめと厳しい指導は紙一重

いじめと厳しい指導は紙一重

残念ながら介護士の世界では人間関係がこじれていじめが発生することがままあります。ただ、それがいじめなのか厳しい指導なのかの切り分けはできるようになりましょう。特に病院で働く介護士の場合、介護対象者たる患者の健康や生き死にという大きな問題に関わります。当然責任も重くなりますので、多少指導が厳しくなる部分も出てくるでしょう。しかしそれは成長のチャンスともいえます。ですが本当にただのいじめであれば転職で環境を変えることも大切です。

詳しく見る

「病院の人間関係円滑あれこれ」のオススメ記事

医局の存在医師のための人間関係構築法

医局の存在

ドラマや漫画の題材として取り上げられることが多いですが、医師同士の人間関係には「医局」というものがとても大きな影響を及ぼしています。これは日本の病院構造独特の制度で、大学病院を頂点とする病院のピラミッド構造に由来しています。この制度があるために、病院や医師は緩やかに連帯しコミュニティの維持に役立っていますが、同時に様々な苦労を生じさせる原因にもなっています。詳しく見る