サイトについて病院内の人間関係は様々な問題を抱えています。本サイトの管理人はその問題の解決の一助となり、より適切な医療環境の実現を目指して本サイトの運営を行っています。何かご連絡がある際はhospital_arekore☆yahoo.co.jp(☆→@)までご連絡願います。病院内の人間関係は様々な問題を抱えています。本サイトの管理人はその問題の解決の一助となり、より適切な医療環境の実現を目指して本サイトの運営を行っています。何かご連絡がある際はhospital_arekore☆yahoo.co.jp(☆→@)までご連絡願います。

はじめての選択理論
いじめと厳しい指導は紙一重 更新日 2017.4.26

いじめと厳しい指導は紙一重

介護士といじめの問題

大変残念なことではあるのですが、介護士といじめの問題は切り離せません。介護士の転職理由に今も大きなウェイトを占めるのが、職場の人間関係がいじめによって悪化したことによるものなのです。学生ではなく大人である社会人の中でいじめが発生するというのはとても悲しいことなのですが、介護士の仕事は時間帯も不規則でストレスも多く、また病院であれ施設であれ閉鎖的な空間と関係の中で過ごしますので、いじめが発生しやすい環境ではあるのです。
また本当にいじめというわけではなくともどうしても慌ただしさやストレスを感じやすい環境の中、後輩や部下の指導中につい感情的になってしまい、その指導がいじめと受け取られる場合もあります。特に、現場責任者や施設長などへ出世をしていく人は基本的に上昇志向が強く、能弁で語調も強いタイプの方が多いのです。これは介護士に限らず、寧ろサラリーマン組織であれば大抵の場合当てはまることかもしれません。ただ介護士の場合、出世の条件には上位資格の取得が必要な場合が多く、余計に積極的で上昇志向の強い人が出世しやすいといえるかもしれません。
また介護士の世界は女性が多いので上司ではなくとも先輩の女性、いわゆるお局様との人間関係の構築は難しさを感じる方が多く、ともするといじめにまで発展してしまいがちです。

指導といじめは違う

介護施設や病院の中で自分がいじめを受けているのではないかと感じたら、それが指導なのか陰湿ないじめなのかの見極めをまずきちんと行いましょう。仕事の中で熱のこもった指導があるのはどの仕事でも共通です。特に介護士の場合は身体の不自由な人の相手をしますし、病院勤務であれば医療の現場で共に働くことになります。そして介護士の判断ミスが介護を受けている方の命の危険にまで繋がってしまうこともありますので、場合によっては多少厳しい指導が起きてもそれは仕方ないでしょう。
しかし、指導の名を借りたいじめも残念ながら存在します。口調の厳しい叱責も、きちんとしたアドバイスなどと一緒なのであればそれは指導かもしれません。しかし一方的に罵るだけであったり、業務上意味のない命令を伴うのであればいじめといえるでしょう。また純粋に身体や持ち物などに危害を加えられたりするのであれば、それは明確にいじめといえます。

酷い場合は転職が無難

いじめが酷い場合はそれと戦うという選択肢もあるのですが、問題をこじらせるだけのことも多くその後職場に居づらくなってしまうことも多いので職をしてしまうことが無難でありお勧めです。その場合は次の職場で同様のトラブルを抱えることのないよう転職サイトや転職エージェントを活用すると良いでしょう。彼らが雇用先との間に入って自分を守ってくれるので安心できます。
例えば介護士の転職に強いきらケアでは以下のように謳っています。

あなたの不安が解消されるまで、コンサルタントが支援することをお約束します。

また、きらケアは紹介している求人情報数も豊富で、給与等他の条件に関しても満足の出来る転職が可能です。なるべく不安なく転職するためにも、ぜひ活用することをお勧めします。

きらケア

「病院の人間関係円滑あれこれ」のオススメ記事

医局の存在医師のための人間関係構築法

医局の存在

ドラマや漫画の題材として取り上げられることが多いですが、医師同士の人間関係には「医局」というものがとても大きな影響を及ぼしています。これは日本の病院構造独特の制度で、大学病院を頂点とする病院のピラミッド構造に由来しています。この制度があるために、病院や医師は緩やかに連帯しコミュニティの維持に役立っていますが、同時に様々な苦労を生じさせる原因にもなっています。詳しく見る