サイトについて病院内の人間関係は様々な問題を抱えています。本サイトの管理人はその問題の解決の一助となり、より適切な医療環境の実現を目指して本サイトの運営を行っています。何かご連絡がある際はhospital_arekore☆yahoo.co.jp(☆→@)までご連絡願います。病院内の人間関係は様々な問題を抱えています。本サイトの管理人はその問題の解決の一助となり、より適切な医療環境の実現を目指して本サイトの運営を行っています。何かご連絡がある際はhospital_arekore☆yahoo.co.jp(☆→@)までご連絡願います。

医師のためのコミュニケーション術
出世するための狡猾さ 更新日 2016.2.8

出世するための狡猾さ

出世するには狡猾さが必要

出世する医師とはどのようなタイプの人物でしょうか。患者の立場で望むのであれば、実力はもちろんのことなるべく誠実で人間味と指導力を兼ね備えたような人に出世し、病院の柱となってもらいたいと思うでしょう。しかし実際に医師の世界、特に医局の力関係が大きい大学病院などで出世をする人は必ずしもこのようなキャラクターではありません。寧ろどちらかというと狡猾で抜け目ない、ともすれば非情な人物の方が出世します。

後輩を上手く使う

例えば後輩の指導を考えてみましょう。誠実な人であればどの後輩の指導にも力を割くと思います。各々の後輩は医師として多くの患者の命や健康に責任を持つのですから指導に熱が入るのも当然でしょう。しかし、このようなタイプの人物はあまり出世をしません。
まず、医師として出世をする際に後輩の指導実績などはあまり重くは評価されません。もちろん出世をしていくためにはある程度の人望や派閥の形成も重要になりますが、それは使える優秀な人物だけで良いので全ての後輩に分け隔てなく接するということはありません。また、どうせ後輩と関わるのであれば指導ではなく自分の研究のための資料集めなどに活用します。学術実績は指導実績よりも医局内で高く評価されるからです。

相性が悪ければ転職も

このように医局内で出世する人物は狡猾な人物が多くなりがちです。そのため注意点があり、優秀な医師であればあるほど歳の近い先輩医師からは疎まれるということです。年齢があまりにも離れていれば問題ありませんが、歳が近ければ何年か先に自分の出世のライバルになり得るからです。そうして先輩に疎まれてしまい、上司も助けてくれないのであれば転職を考えても良いかもしれません。
そして転職を考えるのであれば、せっかくですので思い切り自分の力を発揮して高収入を狙いましょう。今所属している病院以上の収入を得られる病院へ移ることが理想的です。ただ転職活動の難しさとして、きちんと情報収集をしなければかえって条件が悪化することもあります。

転職サイトを活用しよう

転職を成功させるための一つのポイントとしては、転職サービスを活用しましょう。個人で正確な勤務条件や労働環境を調べるには限界があります。
そこで、エムスリーキャリアという求人サイトがお勧めです。このサイトは過去の転職の成功事例が豊富であり、実際に転職によって年収が200万円から300万円ほど増えたという例も多数存在しています。またエムスリーキャリアが特に優れているのは、過去の実績から病院に信頼され、各種の非公開求人の募集も請け負っていることです。実際にエムスリーキャリアでもこのように謳っています。

実際に医療機関へ医師をご紹介してきた実績と医療圏ごとの医師の需要を把握しておりますので、市場に無い求人でも創出することができます。

特に病院が好条件で求人を行う場合は何か事情がある場合が多く、あまり他所の病院に具体的なことを知られたくないので非公開で求人を出したがります。その点エムスリーキャリアは病院からの信頼も厚いので、良い非公開求人の情報が集中しているのです。

エムスリーキャリアエージェント

「病院の人間関係円滑あれこれ」のオススメ記事

医局の存在医師のための人間関係構築法

医局の存在

ドラマや漫画の題材として取り上げられることが多いですが、医師同士の人間関係には「医局」というものがとても大きな影響を及ぼしています。これは日本の病院構造独特の制度で、大学病院を頂点とする病院のピラミッド構造に由来しています。この制度があるために、病院や医師は緩やかに連帯しコミュニティの維持に役立っていますが、同時に様々な苦労を生じさせる原因にもなっています。詳しく見る