サイトについて病院内の人間関係は様々な問題を抱えています。本サイトの管理人はその問題の解決の一助となり、より適切な医療環境の実現を目指して本サイトの運営を行っています。何かご連絡がある際はhospital_arekore☆yahoo.co.jp(☆→@)までご連絡願います。病院内の人間関係は様々な問題を抱えています。本サイトの管理人はその問題の解決の一助となり、より適切な医療環境の実現を目指して本サイトの運営を行っています。何かご連絡がある際はhospital_arekore☆yahoo.co.jp(☆→@)までご連絡願います。

ナースのためのアサーション
看護師のための人間関係構築法

看護師のための人間関係構築法

看護師が病院で人間関係を構築する際の注意点として、まずは看護師同士の看護観の差異に注意しましょう。人間の死にも直面し思い入れの強くなる部分だけに、軽はずみなことは関係の亀裂につながります。また看護観の擦り合わせも含めて、アサーティブなコミュニケーションを心がけることが大切です。これはお互いの意見を主張し妥協案を探すコミュニケーション手法でお互いのストレスが少なくてすみます。このコミュンケーションの要領で医師とも良好な関係を築きましょう。

看護観の差異

看護観の差異

看護師は人間関係で悩みやすい職業であり、そのことが大きな退職理由となっている方も多いです。どうしても人間の命を扱い人の死に直面する仕事であるだけに、どう患者に接するのかという看護観の違いが生まれ、その擦り合わせや相互の共有ができていないと強烈な意見の食い違いが生まれてしまうのです。看護師は普段から同僚と看護観の違いを克服できるようコミュニケーションをとり、どうしてもその一致が難しい場合は転職を視野に行動すると良いでしょう。

詳しく見る
アサーティブなコミュニケーションを

アサーティブなコミュニケーションを

看護師が医療現場で同僚や医師とコミュニケーションを取る際にアサーティブなコミュニケーションを意識すると劇的に関係性が向上することがあります。アサーティブなコミュニケーションとは自分と相手双方の主張をお互いに共有し、その妥協案を見出そうという手法です。一方的に自分の意見を押し付けるアクティブや、相手の意見ばかりを聞いてしまい自分の主張がないノンアサーティブとは異なるコミュニケーション手法であり、医療機関で強く求められているスタイルです。

詳しく見る
医師との協働を試みる

医師との協働を試みる

医師と看護師の協力体制が円滑に組まれているかどうかはとても大きな問題です。医療ミスの発生にも繋がりますし、そこで働く当人同士の満足度にも大きく影響を与えます。基本的には相互にリスペクトの気持ちを持ち、それを態度で示しましょう。また忙しくなってくるとついコミュニケーションが疎かになってしまったり、礼を逸してしまいがちです。忙しい時ほどリラックスして視野を広くし、その上で簡潔なコミュニケーションを心がけると関係が円滑に進みます。

詳しく見る

「病院の人間関係円滑あれこれ」のオススメ記事

医局の存在医師のための人間関係構築法

医局の存在

ドラマや漫画の題材として取り上げられることが多いですが、医師同士の人間関係には「医局」というものがとても大きな影響を及ぼしています。これは日本の病院構造独特の制度で、大学病院を頂点とする病院のピラミッド構造に由来しています。この制度があるために、病院や医師は緩やかに連帯しコミュニティの維持に役立っていますが、同時に様々な苦労を生じさせる原因にもなっています。詳しく見る